勧修寺型灯籠
笠、火袋、中台、柱、地輪の全てにおいて矩形が基調である。変わった形の勧修寺型灯籠。本歌は、京都・勧修寺の書院前の庭にあるといわれています。宝珠は請花、露盤がなく、珠だけ。特徴的な珠の形は、上部三分の一ぐらいに筋状の刻り込みがあり、二枚重ねのように見えます。笠は幅が長く、奥行きの短い長方形。笠の四隅が笠の下場より垂れ下がっています。火袋も四角形で、四面に枠をとり、火口を抜きます。中台も矩形で上部が平で火袋を受け、側面もなく下部に向かい曲面をつけます。柱も幅が広く奥行きの短い長方体で、前面から見て、長方形の形で柱を抜いてしまいます。地輪も長方形の石板を、上に小さく下に大きく重ねたような二段の構成にします。ほとんど装飾らしいものはありませんが、形がよく、格好のいい灯籠といえます。
blocks_image