interview interview

何十年もの間、人目に触れ、残る
建築石材で暮らしをサポート。
心躍る瞬間を、これからも

1995年度入社 / 高橋 伸也
環境建築部 部長

01人の心に安らぎを与える建築石材の販売と施工管理を担当

公園や歩道といった公共施設、マンションやビル、個人邸などの建築の景観を良くするための石材の販売と工事が主な業務です。主にゼネコン等の元請けや下請けへの見積もり、現地での打ち合わせ、更には発注から現場施工、管理、引き渡しまで一貫して担当できるのが当社のストロングポイント。
石は不思議な魅力のあるもの。人の心に安らぎや華を与え、何十年も人目に触れる所に残るやりがいのある仕事だと感じています。

02人々の暮らしを支え、後世に受け継がれる一大事業も経験

私が担当した業務の一つに、四ツ谷駅から皇居への歩道整備があります。アルゼンチン産の石材を使用した美しい歩道にするため、数ヶ月、昼夜逆転の生活をしながら夜間の整備を担当しました。慣れぬ生活習慣に苦労することもありましたが、後世に受け継がれる一大事業を成し遂げて、ホッとするとともに、感無量の心持ちとなったのを今でも昨日のことのように覚えています。
この仕事は竣工した後が醍醐味。新たな道を朗らかに歩いている親子連れ、公園で石の水飲み場で美味しそうに喉を潤している子どもたち、石張りのビルのラウンジで優雅な時を過ごすカップル。そんな市井の人々の姿を見た時は心躍る瞬間です。

03社会のつながりを生む石材の可能性を追求したい

畑違いの業種から当社に入社して25年。人々の暮らしを支える石材は、何十年、何百年とその土地の景観に溶け込んでいくもの。
硬く、耐久性がある石を扱う当社ですが、社風は柔軟性があり、ある程度は自由采配で行動ができ、新人でも気軽に意見を言い合えるアットホームな職場です。
これまで当社が培った伝統と信頼を受け継ぎ、もっと人々、社会がつながれるよう、石材の可能性を追求していきたいと考えています。


ENTRYエントリー