墓石

お墓の素材には古くから石が使われてきました。
石はその不変性、神秘性から「魂は永遠に生きる」という思いを託し
先祖を祀るに最も相応しい素材として自然な形で受け継がれてきたのでしょう。

昨今、少子高齢化の進行など社会構造が大きく変貌する中でお墓にも新しいニーズが生まれています。
時代の変化に応じて、お墓そのものの形は少しづつ変わっていくでしょう。

しかし近年の調査などから見ても、日本人の伝統として永く受け継がれてきた
「先祖を敬う」「大切な人を供養する」という気持ちに大きな変化は見られません。

これからも「石のお墓」は亡くなった方々と心を通じるための対象として、
変化の激しい今を生きる私たちの心の拠り所として、ますます大切な存在になってくると考えています。

洋型

採用情報

後世に残る、ココロに残る。
天恵の美質を余すことなく
引き出す石の仕事。

採用情報を見る