桃山型灯籠
小型で可愛らしく、装飾のほとんどないシンプルさが魅力の桃山型。「桃山」という名称から安土桃山時代を連想しますが、その時代との関連は不明です。笠の正面に桃の実を刻ることからきているかもしれません。宝珠は珠だけで笠の上にあり、笠はお椀を伏せた円形で、装飾は何もありません。笠の正面に桃の実を一個、実の左右に一枚ずつ葉を浮き刻りにします。火袋は四面構成の円形で、前後に火口があり、枠を刻り込みます。他の二面には、日、月、を刻ります。中台も円形で、側面の上下にはシノギがつきます。柱も上、中、下部と同じ太さの円柱ですっきりとした形。地輪は皿を伏せた感じで一段の受け壇をつくり、伽藍地輪に仕上げます。この型は四尺ぐらいが一番美しく、それ以上になるとバランスに無理がでて本来の可愛らしさが失われるように感じられます。
blocks_image